読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

十年一昔、十把一絡げ

V6に関係するWEB上に漂う自分の記述(2000年~)をサルベージしたり、感想を書き直してみたり、何となくツイッターに連携できる形で書き直しています。偏りはあると思うので生暖かい目で眺めて頂けたら幸いです。

東京サンダンス ~21世紀への伝言~  感想文(3月12日19:00・東京千秋楽)

サルベージ記事_V6

<本日の弘二のお習字:「弘二角」(俺の名前は、「こうじっつーの」←だっちゅーの風に)>
<本日の(認識できた)有名人客:佐藤アツヒロ
<本日のメリケンバンド:「どすこいラブ」(昨年のリクエスト№1)

 

さて、サンダンス観劇も3回目。自分自身の大本番(=卒業演奏会)*1も終わり、ほっと一息ついてからの観劇だったので、こっちの心の余裕もまた違ったと思われる。

しかし東京公演では千秋楽。やはり役者も気持ちの入れ具合は全然違った。
目の前に迫ってくる空気圧…と言うのか、気迫っていうと堅過ぎるがとにかくそんなようなものが前2回とは全然違っていた。
コミカルになる部分はコミカルに崩してたりしたけど、要所要所の役者の入り方には息を呑んだ。
あぁやっぱり千秋楽って違うなぁ、と改めて思った。

 

ストーリーに関してはこの3回目にしてようやく冷静に観られるようになった。
大分コミカルになってきてたこともあるが、1回目のショックは自分で思っていたよりも大きかったらしい。
丸っきり自分事に捉えてしまって動けなくなった1回目に比べて、「あれは舞台での出来事だ」と少しでも思え、そこから抜け出せそうな気持ちになれただけでも正直「助かったぁ」と思ったものだ(困り者)。


■「助けて!…カミセン?」
冒頭のV3に助けを求める場面にて。会場におりてたネコさんが佐藤アツヒロに掛け声を求めた。
その時に言ったのが↑の台詞。や~、ちゃんとカミセンって名前知ってるんだ~、とかなり失礼なことを考えたのは私です。

 

■「続けたかったんだ!音楽を…やめたくなかったんだ…。」
3回観て3回泣いてしまった一言。この言葉と、あの時のラッキーさんが、実は1番印象に残ってる。
(トニの芝居なのに…)
衝撃としては1回目が一番ではあったんだけど(そりゃ初めて観たからだわ)、この日のこの一言は別でしたね。本当に…あぁもうダメだ、ラッキーさんに入っちゃうよ、私…。

 

■治ちゃんの憤り、素ちゃんの涙
この日の芝居で一番風圧を感じたのがここ。4畳半で弘二と圭三が喧嘩始めて素ちゃんが巻き込まれ、治ちゃんが本音…今まで見せなかった心の底を勢いでまくし立てる場面。
正直に言います。ゴメンナサイ長野さん、あなたの演技力を甘く見てました。
芝居をやってる人から見るとどういう評価を下されるかわからない、専門的なことは私はわからんけど、あの瞬間、「治」がどーん、と私の中に入ってきたことは間違いないです。
あそこまでの圧力、申し訳無いけど他の人からは感じ取れなかった。
そしてその後の素ちゃんの涙。
元々「素ちゃん」ってキャラには女の人から見た「女の人の可愛い部分」が結構凝縮されてるかな、と私は勝手に思ってて、且つかなり好きなキャラクターだったんだけど、「常に笑ってて欲しい人」。
全体的にどんより雰囲気になり兼ねないあの芝居の中で、素ちゃんのキャラクターに救われてる部分は大きいんじゃないかと。
私はこの回で初めて「素ちゃんの涙」を見て、このシーンで泣いてしまった。
あーあ、私にも素ちゃんみたいな要素が少しでもあったらなぁ…(遠い目)。

 

■アンタそれはいくらなんでも…(苦笑)
上のシーンの少し前、押し入れから圭三が尿瓶を出すところ。
相変わらず治は「蓋くらい閉めろよ~」と言うのだけど、そこから勢い余ってか前に座ってたネコさんにかけてしまう始末。「うわっ!くっせ、汚ねぇ!」と2人パニックに。
ネコさんは「ちくしょーやりやがったな!大人しいやつだと思ってたのに…。」とか。
そうか、長野氏ってば大人しい印象にしてたんだ…と妙なところに関心。
それにしてもこぼすのはマズイだろう、こぼすのは。

 

■もうひとつの「Dream Again」
と書くとかなり大事のように思えますがそうではなくて(^^;)。
終演後、客出し用のBGがピアノソロアレンジの「Dream Again」だったのですよ。
それを最後まで聞きたいが為、ギリギリまで会場で聞いてました。
実際の歌よりもスローテンポで音もシンプルで。
3回観た中でのいろんなことを反芻しましたねぇ、感慨にふけったと言うか(--;)。
そういうアレンジが個人的に大好きだし、自分でも作りたいと思ってたので耳ダンボで聞いておりました。
(でも実際1回じゃ耳コピできないのです、私…)

*1:大学卒業のタイミングでした。これのおかげで世の大学4年生が卒論→就職までの春休みを満喫している間、ずっと学校に通ってましたよ…。ていうかいろいろあって卒業後もレッスン受けに大学行ってたけどw