読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

十年一昔、十把一絡げ

V6に関係するWEB上に漂う自分の記述(2000年~)をサルベージしたり、感想を書き直してみたり、何となくツイッターに連携できる形で書き直しています。偏りはあると思うので生暖かい目で眺めて頂けたら幸いです。

【箸休め】手肌を綺麗にするためにしたいくつかのこと

その他諸々

ヲタクだって綺麗になりたい…!(鼻息)

ほんとはコンサート感想文の続きを書きたかったのですが、そちらは今度のお休みにでもゆっくりと。

先日、お友達のけーちゃん*1とお肌のキープの話をしていたのですが、これせっかくなら何をしてきたのかを何となく残しておこう…!と思い、ここに書いております。サブタイトルは冒頭に書いたように「ヲタクだって綺麗になりたい…!」

f:id:sparklence:20150119225839j:plain

 …サイズ調整しなかったらデカかった…。

 

失礼しました。

元々デカめの手ではあるのですが(左手はピアノでドからオクターブ上のミまで届く大きさ。ラフマニノフの何かをやった時は必至で何とかファに親指をかけたくらいの大きさ)、ここまで手の甲とかをそこそこ綺麗にするまでに、いくつかのことをしました。お肌の状態とか元々の体質とかで、私がやった方法が全員に合うとか限りません。なので、あくまで参考程度に、箸休め程度に見てもらえたら幸いです。

 

1.きっかけは健ちゃんと、まだ見ぬ未来の握手会

はい、いきなりヲタクな理由です(笑)。綺麗になりたい理由はそこか!みたいな。

でも間違いなくこの2つです。

そもそもは健ちゃんがご自身のラジオ番組で、女性の綺麗な手が好きだとか、綺麗な手の方がいいだとか、そんなような趣旨の発言をされていたのが、自分の手を見つめ直すきっかけになりました。だって健ちゃんが好きって言うなら、そういう手を目指した方がいいもの!全体的な外見は好みに近づくの難しいけれど、パーツだけなら…!手だけなら…!と思い、そこからハンドクリームを常に持ち歩くようになりました(詳しくは後述)。

且つ、そこで思い出したのがブイとの握手会。10周年の時はもうそんな、自分の手をいかに綺麗な状態で臨むかなんて考えていられなかったのですが、ちょー個人的願望で20周年にも握手会をしてほしい!*2と願い続けてたので、次があるならば健ちゃんが言う「綺麗な手」で臨みたい!たとえ見てもらえなくても!10周年の時に健ちゃんがぎゅっ!てしてくれた*3時みたいなことがまたあるかもしれないなら、綺麗にして臨むから!…という思いを胸に、手を綺麗にしようと決めました。

 

ここまで健ちゃんしか出て来てませんが、わたしは坂本担です。笑

 

2.まずはじめにピーリング

で、何となく普段よりはハンドクリームを塗るようにはなったのですが、決定的に変わり始めたその最初は、手の甲のピーリングでした。

と言っても専門の何かではなく、私が使ったのは顔用のピーリングジェル。

ごく少量のピーリングジェルを手の甲にとってぐるぐる。擦り込んでいるうちにアカのようなものが出てきて、手の甲のくすみがなくなってきます。一定程度擦り込んでアカも出きったら、化粧水を含ませたコットンで拭き取って化粧水を馴染ませた後、ハンドクリームで蓋をします。やることは顔を同じですね。

それを週に2回くらい、2~3カ月くらい続けたかな?

気が付いたらそのくらいの頃にはピーリングしなくても結構白いままでいるようになりました。

ちなみに私が使ったのはSKINFOODの青りんごのピーリングジェル。店頭でたまたま試供品を使ってみたらすんごい透明感のある肌になったので、最初から手に使う用で購入。*4顔にも使ってみたけれど、顔の肌のが敏感だったみたいであまり顔には使ってません。

http://www.skinfood.co.jp/item/820

 

3.いろんな種類のハンドクリームを、状況によって使い分ける

街中を見回すと「ハンドクリームってこんなにいっぱいあるのか!」と改めて思うほど、いろんなところに売ってますハンドクリーム。固さとかニオイとかもう、ほんとに千差万別なので、コレクター癖のある私はあれこれもすぐに買いたくなってしまいます。手は2本しかないのに。笑

しかし、2本しかなくても求めるハンドクリームは状況によって異なります。水仕事を終えた時に軽いハンドクリーム塗ってもあまり効果を感じられなくて、悲しい気持ちになったこともあります。

なので、だったらいっそいろんな固さのハンドクリームを持っていて、状況によって使い分ければいいんじゃない!そうすればコレクター癖も満たせるし!(コラw)というわけで、1つ使い切ったら次、という至極真っ当な使い方から、いろんなのを同時進行で使うという贅沢使いを始めました。

使い分けの内訳をざっくり言うと、

■トイレから出てきた時(職場、自宅)→軽めのもの

■水仕事を終えた時(自宅)→少し重めのもの

■寝る時(自宅、旅行先)→重めのもの

■外出してる時→軽めのもの、且つニオイがあまりきつくないもの

こんなところでしょうか。

 

4.いろんなところにハンドクリームを置いておく

3の派生形として、沢山あるならいろんなところに置いておこう、と。

必然的に自宅に置いてあるのが一番多くなりますが、

■職場のデスクに必ず1つ…トイレから戻ってきた時がメインなので軽めのもの

■カバンの中にそれぞれ1つずつ…無精者なのでw軽めのもの2種類をそれぞれ違うカバンに入れておいて、入ってないカバンを使う時はどちらかを適当に選んで放り込む

■枕元に1つ…ガッツリ重めのものは基本的に就寝時しか使わないので枕元

■残りは居間に…一人暮らしの部屋なので、テーブルの上に常に2つくらい転がってる

とにかく無精者なので私w、1つのものをあちこちに持ち歩いてはどこかに置き忘れるくらいなら、最初からあちこちに必要な固さのものを置いておけばいいじゃない!という感じで配置しております。

 

5.季節を問わず一年中塗る

夏場は汗を掻くのであまり必要ないと思われるかもしれません。確かに使う量は減ります。が!夏でもオフィスは乾燥してるし、水を触った後(主にトイレに行った後)はやっぱり乾燥するので、軽めのものを少量ですが手に擦り込むようにしています。固ささえ選べば一年中余裕で使います!使えます!夏でも顔のお手入れでは化粧水の後に乳液で蓋をしますよね?それと同じです。

※ただここはホントに好みが分かれるところだと思うので、夏場にハンドクリームでべたべたするのが嫌なんじゃい!という方は使わなくてもいいかもしれません。

 

6.寒くなって来たら手袋

元々寒いのがめっさ苦手なので、人様より早い時期…早いと11月アタマから、まずは指ぬき手袋(指先が出てるやつ)を使い始めます。はみ出てるところは乾燥にさらされますが、手の甲とかは守られます。

で、本格的に寒くなって来たらスマホ手袋にチェンジ。とにかく寒さと乾燥から守ります。

 

こんなところでしょうか。

2013年の夏頃から少しずつ手をかけるようになり、ここまで来ました。

如何せん一人暮らしなので、毎日はやらないけど水仕事をする日もそこそこあります。なので余計にそこは気にするようにしています。洗い物終わったら即行ハンドクリーム塗りまくってます。塗った後はぎゅっとしてなじませて。

パーツだけでも綺麗にすると、気持ちが上がります。女子ですし♪

なので、ブイさんが20周年を迎える今年2015年、まだ見ぬ握手会といつか健ちゃんに褒めてもらえること(!)を夢に見ながら今日もハンドクリームをゴリゴリ擦り込みます。

*1:元トキブイ担。私にTOKIOを教えてくれた人。現在某バンドと某海賊の世界にいる。まもなくコンサート感想文にも出てくるお友達。

*2:賛否両論あると思います。私は個人的にやってほしいと思っています。というかずっと「20周年でまた握手会してくれますように!」と願い続けてたから!否定派の方にはごめんなさい。

*3:名古屋の握手会の時。最初は普通に両手で包んでくれたのですが、「握手会(発案してくれて)ありがとうございます!」と言ったら目を見てうん!て頷いて、ぎゅって強く握ってくれたあの幸せな瞬間を忘れません。…次に待っていた坂本さんに「Shelter大好きです!」と言って「あ、ありがとw」と言われた思い出はまた改めて。

*4:新大久保のコリアンコスメのお店で買ったので、たぶんお値段は正規代理店の半分くらい…