読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

十年一昔、十把一絡げ

V6に関係するWEB上に漂う自分の記述(2000年~)をサルベージしたり、感想を書き直してみたり、何となくツイッターに連携できる形で書き直しています。偏りはあると思うので生暖かい目で眺めて頂けたら幸いです。

宮澤佐江さんの握手会に行ってきました。

その他諸々

2月17日火曜日、紀伊國屋書店新宿本店で行われたSKE48/SNH48のメンバー、宮澤佐江さん(以下さえちゃん)のフォトブック「涙の行方」の発売記念握手会に行ってきました。

わ、わたくし、初めてのAKB関連の握手会でした…!

 

宮澤佐江 フォトブック 『 涙の行方 』

宮澤佐江 フォトブック 『 涙の行方 』

 

 

 さらっと説明しときますと、私が初めてAKB関連に興味を持ったのは2009年の初冬。シングル「RIVER」を出された頃だと思います。その後、年末の歌番組からの年明け「マジすか学園」(初期シリーズ)。マジすかを見たのは途中からなのですが、ダダ嵌りしまして(笑)*1

「これは私が好きなタイプのものだ…いけない、手を出したら嵌るのは目に見えている…これ以上嵌るものを増やしてはいけない…!」

と、マジすかを見終えた時、AKB周りに関してはひたすら茶の間に徹しようと決めたのでした。

 

さえちゃんのことを知ったのもこの「マジすか」でした。ただ、私が見始めた時には既にさえちゃん演じる「学ラン」の回は過ぎていて、でも時々出てくる学ランの子がめっさ男前だわ…!と割と早いうちに覚えたんだったと思います。*2

とは言っても、AKB周りで最初に興味を持ったのは麻里子様で、歌番組見てるうちに気になったのが才加だったので*3、さえちゃんに対しての興味がここまでになったのはもう少し経ってからのことです。はっきりとは覚えてないけど、上海に移籍するってなった頃くらいかな…しっかり興味を持ったの。*4

 

…とか書いて、もしこのエントリーをさえちゃん神推しの方とかが読まれて嫌な思いされたらどうしよう…何か失礼な物言いとかしていたらほんとごめんなさい。

普段はガチで茶の間に潜んでいる人間が握手会とか来てたのか!とか思われたら…と、密かにドキドキしております。

 

茶の間を決め込んで早5年。

今回のイベントはさえちゃんのツイッターでの告知で知りました。たぶん。

握手会参加券つきのCD買って並びに行く…というのは、一人で行くにはとてもハードルが高く見え、一緒に行ってくれるような友人もおらず、茶の間を決め込んではいるけれど基本現場大好き\(^o^)/←なタイプの私にとって、

「これならばもしかしたら行けるかも…」

と思えたイベントでした。

ただ、平日夜の開催だし、仕事が定時に上がれる保障もない状況で、事前に参加整理券を買いに行ったり予約したりすることはできず、

「当日定時で上がれて、その足で会場に行ってまだ整理券残ってたら参加する」

と自分の中で決めました。

 

そして当日。

無事定時で仕事を上がれたので、そのまま一路新宿へ。前日夜までうっかり「新宿南店」でやるものだと思い込んでいた間違いにも気付き、人ごみかき分けて「新宿本店

」へ。イベント自体は18時から始まっていて、私が着いたのがたぶん18:40頃。1階の入り口付近には既に握手を終えられた方々もいらっしゃいましたが、とりあえず指定のレジに行って聞いてみたところ、「大丈夫ですよー。まだありますよー」と…!

 

まにあった…!!!

 

集合時間まで1時間強ありましたが、何とか整理券をいただけることに。

いざお金を払って整理券を頂いても、「これは現実なのだろうか…私とうとう自分に課していた『茶の間から出ない』を破ることになるんだろうか…」とふわふわした気持ちになってました。

何とか1時間ほど潰して*5指定の場所に並んだ時、自分が渡された集合時間は一番最後の時間だと知りました。番号まではもう見てなくて、整理券持ってる人はみんな並んでーという整列だったのでwどのくらいギリギリだったのかは分かりませんが、それでも間に合ったことにまたふわふわした気持ちになりつつ、握手する時に何を言おう…とその場になって考え始めました。

 

最初は、紅白の時に手で「V6」てやってくれてありがとうって言おうかなと思いました。が、1階ですれ違った既に握手を終えられた方々が「あんな短いんだねー」「でもいつもの握手会のがもっと短いよ!」と話していたのを聞いてたので、そんな短い時間で自分が言えるとは思えないなっていうのと、その数日前にいつもの握手会でそのことを伝えられたブイ担さんのツイがRTで回ってきていたので、軌道修正。

 

脳みそぐるんぐるん回転させてるうちに、始まりましたw

 

荷物全部一旦預けて、金属探知機でボディチェック。

あ、あの輪っかタイプの金属探知機なんて空港でしかやられたことなかったわ…!*6

 

そいで、あっという間にご本人の目の前に。

 

初めてさえちゃんに会いに来れて、すごく嬉しいです…!

 

て言うのが精一杯でした。

そんなわたくしに、

「初めて来てくれたの?ありがとおー!」

と、キラキラの笑顔で応えてくださった頃には、わたくしが剥がされるというスピード感。*7

 

いやしかし。

 

初めて手の届く距離で見たナマさえちゃんは、とってもキラキラしていました。

何か、放ってるものが違う。たぶん女子特有のキラキラした何か。

物理的にもお肌すっごい綺麗で、もうそれだけでも輝いてたけど。

 

思えば女性アイドルのこういう現場に来たの自体も初めてでした私…。

いつもブイやトキばかりなわたくしには、他にもいろいろカルチャーショックを受けた部分もあったり、どうしても「ヲタ」としてアウェイの環境を観察してしまった部分もあるのですが、そのあたりはまた機会を改めるとして。

 

いつもテレビでその頑張る姿を見ていた*8さえちゃんに実際に会えて握手していただけて。

すごくすごく嬉しかったです。

ありがとうございました。

 

その日のブログを拝読し、更に気持ちがあたたかくなり。

フォトブックを読んで、ぽろぽろと泣き。

わたくしは改めて思いました。

 

がんばってる女性は美しい。

 

CDの握手会に行くまでの勇気はまだ持てず、ライブにもなかなか参戦できないので、またたぶん茶の間みたいな立場ではいると思うのですが、いつかまたこういうのに参加できる機会があるといいなと願いつつ。

 

わたくしもがんばろー!!!

*1:最終回で号泣するレベルにダダ嵌り。優子さんとサドさんの組み合わせが関係的にもビジュアル的にも大大大好き。そしてバトルシーンはサドさんと前田のあっちゃんの組み合わせが一番好き。

*2:ちなみに「マジすか2」の学ランとゲキカラの回も好きな回のひとつです。

*3:もちろん卒業された今でも好きですよ、二人とも。特に才加嬢はいつか舞台を拝見しに行きたい!と思ってます。お財布に余裕が出てきたら…

*4:一時期上の妹が上海でお仕事をしていたので、上海に対して僅かながらも知見があって、余計に興味が沸いたのもあったと思います。

*5:実際には海外のお友達に頼まれていた「まかないこすめ」さんのフェイスミスト買いに西口側へ回ったり、お隣のメイトさんでセラムンのガチャやろうか迷ったり、邪魔にならないところでこそこそとラブセンイベを進めてたりしたら1時間経ったw

*6:昔、ズボンのポケットに万歩計入れてたら引っ掛かってやられましたw

*7:これが噂に聞く「剥がされる」という行為か…!と身をもって経験した瞬間w

*8:一度だけ「MJ」の収録で、生で拝見したことはありました。ブイがスカリミで出た時の収録で、DIVAとして出演されてた時。去年唯一ブイ6人が揃ってるのを見れた現場でDIVAの4人も見られたのは、私的には実はすごく嬉しかった出来事。