読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

十年一昔、十把一絡げ

V6に関係するWEB上に漂う自分の記述(2000年~)をサルベージしたり、感想を書き直してみたり、何となくツイッターに連携できる形で書き直しています。偏りはあると思うので生暖かい目で眺めて頂けたら幸いです。

コンサートの思い出綴り~Coming Century Tour '01 Around Asia~

■参戦日

2001年12月4日(火)19:00start 国立代々木競技場第一体育館

2001年12月6日(木)18:30start 国立代々木競技場第一体育館

 

この思い出綴りを書くために、自分のWEBサイト(閉じてないのでワールドワイドウェブの片隅にまだ漂っている)のレポとか日記とかを参照しているのですが、何故かカミコンだけは行ってるのにレポも書かなければ思い出も少ないという…。まだそこまでカミに本腰入れて興味を持っていたわけではないのかもしれません。や、この初参戦のカミコンでもいろいろな出会いはあったのですが…。

 というわけで、セトリとかはこちらの本を見て思い出しながら書きます。 

Coming Century tour around Asia 2001

Coming Century tour around Asia 2001

 

 密林さんですら表紙画像がないくらい、もう昔の本になってしまったのかしら…。

主にアジアツアーに密着…と見せつつ、剛ちゃん:タイ*1、健ちゃん:香港、オカダ:台湾、でそれぞれグラビア撮りつつ、あとはホテルでわちゃわちゃしてる写真とかステージ写真とかが載ってます。コンサートの写真が載ってる、という意味でも思いの外貴重な本かもしれません。*2

 

さて、ヲタになって約1年半が経過したこの頃、初めてカミコンに参戦することになりました。12月6日は家族で参戦する予定だったのですが、例によって例の如くチケット掲示板を眺めていたら、代々木初日の12月4日公演のチケットが出ていたので交渉してお譲りいただくことになりました。

その譲り主の方と会場前で待ち合わせをし、少しお話をさせていただいたのですけど、お会いしてチケをやりとりした後、こんなことを聞かれました。

 

「麻琴さんは誰のファン?」

 

まだカミにそこまで本腰入れて興味を持っておらず、ウチワすら持たずにその場にいた私は、素直に坂本さんのファンだということを打ち明けました。すると、譲り主さんはしたり顔で言ったのです。

 

「坂本君のファンは、きっと剛君に落ちるよ」

 

(゜o゜)

 

今でも忘れません。その一言を言われた時の私の心境、まさにこの顔。

何故剛君に落ちると…?え??私基準では「森田剛をカッコイイと言い始めたら、もう完全に抜けられない」*3がまだ続いていたので、一番嵌りそうにないところだと思ってるのに、何故…??????

でも譲り主さんは自信満々に仰ったのです。剛君に落ちるよ、と。

 

なかなか腑に落ちないまま会場に入り、いざ公演が始まっても、当時の私はまだカミの曲は勉強不足だったし、ストリートファッションぽいオシャレ雰囲気はそんなに得意じゃなかったし、でもなんか楽しいな…くらいに進行していったわけですが。

 

それは唐突に訪れたのです。

 

各メンバーのソロコーナー。

森田さんは徳永英明さんの「最後の言い訳」をチョイス。

大学生の頃、1年ちょっと在籍していた放送研究会*4徳永英明さんの特集番組みたいなのを録音したことがあり、歌は存じておりましたが、あれ?これ知ってる曲だけど…森田さんが徳永英明さんの歌を歌うの???とものすごい疑心暗鬼で聴き始めたら……

 

ちょ…!!!(゜o゜)

すっご、切ない…!!!せつなさが代々木を満たしてく…!!!

なんだこれ、森田さん…!!!

 

白いシャツにデニムか何かのパンツというシンプルなスタイルで、うつむき加減のまま切なげにバラードを歌う森田さんに、私のハートは撃ち抜かれたわけで(笑)。

そうです。あれです。

森田剛をカッコイイと言い始めたら、もう完全に抜けられない」

見事に発動しました。

最後の砦が音を立てる間もなく砕け散ったのです。

 

もちろん終演後、剛ちゃんのウチワを買いに行きましたよ。何故なら2日後には剛ちゃんのウチワを持って再度参戦するからです!

2日後、上の妹と会ったところで「ちょっと!何持ってるの!www」と言われましたよ。そして森田さんがカッコイイと言ったところ、「あーあ、これでもう抜けられないね!」と言われましたよ。それでもカッコ良かったんですよ森田さんが!(笑)

 

ちなみに他のメンバーのソロコーナー。

オカダさんは「I CAN」を。これ、この年のトニコンでも歌ってて、トニコンver.ともオリジナルとも違うアレンジだったと思います。ただ、黄色い棒を振り回してるオカダさんが私にはどうしても孫悟空にしか見えなくて(コラw)。当時の日記にも笑ったと書かれてました。

健ちゃんはプリンスの「SEXY M.F.」をバックにダンスアクトを。これがすっっっっごいセクシーで、そのセクシーさが男性にも女性にも見えてとても不思議だけど目を離せない…という印象が残ってます。白のランニングシャツにブルーデニム。こちらもとてもシンプルな衣装。*5

実際この代々木公演に限っては、最終日の開演前には健ちゃんのポスターが、終演後にはウチワまでもが売り切れになっていたので*6、きっと健ちゃんにやられてる人が多かったんだと思います。

 

3人でやっていた曲はまあカミの曲メインに、ミミセンコーナーもありつつ(この年のブイコンでもミミセンはやってたけど、その時よりはうまくなってた)。あとファンサが旺盛だったようです。アリーナは地べたに降りたりしてたみたい。

本編最後に歌っていたトニの「WISHES」は、この年のトニコン東京公演のカラオケコーナーで剛ちゃんが歌った*7のが壮大な前振りだったのかしら、と個人的には思っておりました。森田さん本当にこの曲が好きだったんだ、と。好きだからセトリに入れたのかどうかは分からないけど。カミが歌うとこんな雰囲気になるんだー…と思った記憶はあるのですが、どんな雰囲気だったかがイマイチ思い出せず(ポンコツ)。単純に声が若いっていうかキャラメル風味になる分、可愛らしさが先に立つ「WISHES」だったような気がします。

 

個人的にはブイ担として「最後の砦」が崩れた、このカミコン。

もちろんそれまでももうご新規ハイみたいな状態をキープしつつブイ大好き!坂本さん大好き!オーラ出しまくり*8だったのですけど、このカミコンを機にブイファンとして腹を据えた部分はなきにしもあらずです。

*1:ドラマ「君を見上げて」の撮影で行ってたんだったと思います。カミコン自体は香港と台湾でしかやってないので。

*2:まだ剛ちゃんの上半身裸の写真が載せてもOKな時期ですw

*3:コンサートの思い出綴り~V6 summer 2000 "HAPPY" Coming Century, 20th Century forever~ - 十年一昔、十把一絡げ

*4:主にラジオっぽいことをやってました。ラジオドラマ録ったり、トーク番組録ったり、それを学園祭で流したり。

*5:そいえば代々木は12月公演だったけど、ノースリ衣装で寒くなかったのかしら…と今更ながらに思うw

*6:当時はメンバーごとに数量を調整してるかどうかなんて考えてないのでw、ほんとにびっくりしてその気持ちを日記に綴っていました私

*7:コンサートの思い出綴り~20th Century Precious Live 2000-2001~ - 十年一昔、十把一絡げ

*8:実際、夏のブイコンからこのカミコンの間に「FOOTLOOSE」初演を観ているので、坂本さん大好きオーラ出しまくってましたwあ、「東亜悲恋」も観ました。東京楽日が被ってて、どっちもマチソワ公演で、私はマチネを取った「FOOTLOOSE」の楽しい気持ちで終わりたかったのに、なぜかソワレを当日券で取ってしまった下の妹にお付き合いして「東亜悲恋」の物悲しい気持ちで一日を終えました…。